単純に適当に性処理に使える相手というのがセフレというわけではないですので

男ならば誰しも憧れるのはセフレ。
セフレがいればいつでも好きな時にセックスができてムラっときた時には呼び出してくわえさせることができるみたいなイメージを持っている人がいたりするわけですがそこは人間関係。
セフレも立派な人間関係であるわけでそんな相手を性処理の道具みたいに使えるわけではないのです。夢とかロマンがある関係という感じではあるのですが女性を扱うという点においては普通に恋人を扱うよりも難しい要素があったりするのでそんなに手軽にセックスができる相手として使えるというだけの関係ではないのが理解しておきましょう。
そもそも自分の身近なコミュニティの中からセフレを作ろうとしたりすると結構リスクがあったりします。いろいろなリスクがありますがそれこそセフレという関係自体人に知られたくないとお互いに考えるでしょうから秘密にはしてくれるでしょうが、何かしらトラブったりとかそれこそ避妊をミスったりした場合なんかに責任問題になった時など周りを巻き込んで云々というようなことになることも多いです。
そういうことを回避するために可能な限り自分自身の身内関係とか極端に近い友人関係というところと繋がりがないような相手を探すことが失敗しないコツ。
最悪の場合は連絡を絶つくらいのことで自分にとって不都合なことが起きた時には即座に切れるようにというようなことができるように出来れば最高でしょう。
割と酷い事を言ってる感じにはなるのですが、そもそも言うほど健全な関係ではないのでセフレというのはお互いにその辺りは割り切って行っているということが普通です。
ですがどちらが体を重ねるにあたり、かなり強い愛情とか執着心を持つようになったりした場合とかにそれ以上と言うか恋人関係になるように求めてくるなんてこともあったりして、そういうのは避けたいというような時のために根本的な自分のプライベートな情報というのは渡さないように、知らせないようにする、というのがセフレとの関係において実はそこそこ重要な要素であったりします。