外見が怖い男性はセフレができないはウソ、ギャップ強調で外見をハンデからチャンスに変える

セフレがほしい男性につきまとう容姿の問題、特に強面の男性や派手な髪色や服装の男性は女性から避けられてしまいがちです。
でも、持って生まれた容姿はそう簡単にイジれませんし、拘りのあるファッションも中々変えられませんよね。
外見が怖いからといってセフレを諦めてはいけません。
外見と中身のギャップを強調してセフレを捕まえるテクニックを教えます。

人間はどうしても第一印象の囚われてしまいます。
第一印象が悪いと話す内容まで悪い印象になってしまうことが心理学の研究からも明らかになっています。
外見で怖いという第一印象を与えてしまうと、その後は怖い人ということで女性からは避けられ続けてしまいます。
男性は大抵女性よりも体格が良く力も強い。
腕力に物を言わせて女性に乱暴を働く犯罪もあるため、女性心理としてはどうしても怖いと思った人間とは付き合えないということになります。
強面だったり派手なファッションだったりするとそれだけでセフレ作りでは不利になってしまいます。

しかし、外見が怖くても対応策はあります。
性格の穏やさやかわいい趣味を強調し中身と外見のギャップを利用、怖いという印象を逆転させ女性の興味を引きつけることができます。
第一印象が一転するわけですから、ギャップがある方が元の印象の反動で好感度アップ率も高くなります。
中身を示す具体的なエピソードがあると効果的に相手に怖くないことが伝わります。
スキンヘッドでピアスをしているけど驚かされるのが苦手なのでお化け屋敷はNG。
金髪のパンクファッションだけど実は猫大好きで趣味は猫カフェ通い。
こうしたエピソードがあると、怖いという印象を払拭できさらに女性にカワイイと思ってもらえます。
女性はカワイイものは愛でたくなるので、すんなりとセフレ関係まで進めるようになりますよ。
また、ファッションで一点カワイイ系のアイテムを投入するのも効果的。
キャラ物のTシャツやピンクや黄色といったかわいらしい色を投入すると怖い印象はかなり緩和できますよ。

第一印象の怖さはギャップを利用してハンデをセフレ作りのチャンスに変えられます。
容姿に悩まずセフレ作りに邁進してください。